<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Indian+Mexican タンドリーチキン

近くのマーケットで、週末にまとめ買い。

お野菜Stallの値段の付け方は、とっても不思議。一応それぞれの野菜の重さを計って値段を出しているようなんだけれど、多く買った方が、安いような???「沢山だったら、もう10ドルでいいですっ」って計算しているような・・・。どんなに買っても、10ドル越したことないしねえ~。

冷蔵庫覗いていたら、ヨーグルト発見。週末に買ったチキンもすぐ使わないから、長持ちさせるためにヨーグルトでmarinateして、タンドリーチキン作ろうと思ったけれどスパイスがない・・・。Mexican Spice Mixがあったので、タンドリーチキンをMexican Spice+生姜、にんにく、Chillie、残ったヨーグルトで作ることに。

まず焼き目をつけてから、オーブンで中まで火を通して出来上がり。最後に、ぎゅ~っとレモンを搾って「いただきます」。
f0037404_21541137.jpg

Marinateしておけば、あとは焼くだけ。平日、仕事から帰ってきてバタバタと作る晩御飯に便利なレシピ。
[PR]
by foojily | 2011-09-22 22:00 | Singapore@home

「Little Thailand」って、呼ばせていただきます。

以前プラプラと行った時に、「ここは、絶対に相方さんを連れてきてあげたいっ!」と思った、Little Thailand-Golden Mile Complex。最近雨が多いシンガポール、今日もお昼頃から降り始めた雨が止むのを待って、足を伸ばしてきました。ゴチャゴチャしていて、楽しいですよ。
f0037404_2131352.jpg

相方さんも気に入った、このゴチャゴチャLittle Thai。いい気になって、気が付いたら、皿数多すぎです、早目の晩御飯。Green Mango Saladがおいしかった!隣のスナックから聞こえてくる下手なカラオケの歌も、雰囲気だしてくれて、いい感じ。

メルボルンには、FootscrayやSpringvale、あと、Victoria Street。アジア系の食材調達、ベトナム料理ご飯食べに、よく行ってました。「メルボルン離れて、何が恋しい?」って聞かれて答えるアイテムの1つに「ベトナム料理」!メルボルンのベトナム料理、恋しいよ~・・・・。

シンガポール、Little Vietnamってないのでしょうか?知っている方、教えてください。

晩御飯早かったから、絶対に今晩お腹すくと思ってオヤツを買って、お茶して帰って来る頃には、もうお外真っ暗。
f0037404_21373054.jpg

おいもさんに、マンゴーWith Chillie Sugar。

食べすぎで、まだお腹いっぱい。出番のないおやつになりそう。

明日の朝ごはんだな~。
[PR]
by foojily | 2011-09-17 21:43 | Singapore おいしいモノ

カキ氷、大好きなんです~

ワタクシ、カキ氷大好きなんです。

学生時代、「無人島に行くとしたら、餡子を絶対に持っていくっ」って言う、年上のクラスメートがいたなあ~。私は、「スイカかカキ氷」。それくらい、両方好き。「無人島で餡子」って、想像したら、餡子あんまり得意じゃないのもあるだろうけれど、胸焼けが・・・。

一年中暑いシンガポールは、カキ氷天国!・・・だと思いきや、お店があるのが、エアコンがガンガン効いている場所だったりすると、冷えすぎて体壊す(って学習ね)。

Chinatownの味香園なら、その問題は解決なので、機会があればココでシャカシャカ。
相方さんの日本からのお友達と、シャカシャカいわせながら、久しぶりのキャッチアップ。
f0037404_21284685.jpg

食後のコーヒーではなく、食後のカキ氷。ああ、しあわせ。
[PR]
by foojily | 2011-09-16 21:30 | Singapore おいしいモノ

小麦粉バンザイ

f0037404_23283197.jpg

[PR]
by foojily | 2011-09-14 23:30 | Singapore@home

2つの月、6つの月。

中秋の名月にむけて、シンガポールはMoon Cakeで盛り上がります。

去年も目にしていたけれど、餡子もワタクシ得意じゃないので、あんまり「食べたい!」と、動かされず、今年もそのまま、見てみぬふりで過ごすつもりでした。

「Moon Cakeを食べたことがない」という、ワタクシを哀れに思った(?)生徒さん達何人かが、ワタクシにMoon Cakeをくれました。さすが中華系のFestival、Moon Cakeの箱は、とても「ゴージャス」でした。

「パカッ」と半分に切ってみると、「お~綺麗なお月様!」・・・が、2つ。
f0037404_23181273.jpg

塩漬けの卵の黄身は、きつかったです。卵の黄身より、栗にしたらいいのに。

生徒さんの1人は、この黄身が好きだそうで、「黄身6つ入り」を特別に購入することを、嬉しそうに教えてくれました。立派です。
[PR]
by foojily | 2011-09-12 23:08 | Singapore おすすめ

「11」について、おもう

気が付けば、もう9月。毎日があっという間。

「September 11」から、もう10年だなんて・・・。そして、「March 11」の地震から半年。チチが亡くなった、チチの誕生日の「10月11日」から、もうすぐ1年。

日曜日の「September 11」、被害者の方々、家族の方々の気持ちを思い、静かに過ごしました。

「September 11」・・・あの頃、自分は何をしていたか。

10年前は、メルボルンの男子校で働いて頃。アップアップ必死で毎日をこなしていた頃。翌日学校に行くと、いつもはついていないテレビが、職員室でついていたっけ。そのことが、事件の大きさを余計感じさせた。

メルボルンのアメリカ領事館の前、花で一面が飾られていたこと。相方さんと一緒に、花を持っていったっけ。沢山の人たちが、花を持って領事館の前に静かに立っている中、セキュリティーの、重々しい雰囲気も、覚えている。

記憶とは不思議なもので、「何で、そんなこと覚えているんだろう?」と思うけれど、アンセット航空が、突然つぶれた頃。

「永住権が認められた」との手紙が届き、日本のオーストラリア大使館に最終手続きをするために、いく必要があった。アンセット航空がなくなった直後で、当時はまだ、JetStarだの、格安航空券を扱う航空会社も無く、カンタス航空のみが、突然に国内全ての旅行者を扱わないといけなくなって、メルボルンーケアンズ間の航空券が、ケアンズー成田間よりも高かったの覚えている。しかも、「September 11」の後で、飛行機に乗るのを辞めた方がいいとのアドバイスもされつつ、普通の倍くらいの飛行機代を払って、永住権をパスポートに貼るために、日本に戻ったことも思い出す。

それから色々あって、10年。

痛いほど思いしらされるのが、「何が起こるか、先は分からない」ということ。だからこそ、「今、健康で、ここにいられるありがたさ」。気持ちが、謙虚になります。

「11」が教えてくれた、大きなレッスンです。
[PR]
by foojily | 2011-09-11 22:21 | ご挨拶