<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こう暑いとイヌもタイヘンナノデス。

40度以上4日続いたメルボルンも、金曜日の夜には涼しい風がそよそよと。
ホッとしました。10年メルボルンにいるけれど、こんなに暑い日続いたの初めて。
驚いちゃう。ヒトより体温が高いおイヌさまたちも辛いよね、きっと。
f0037404_19585973.jpg

Ayaさんと最近知り合ったパグのチャーリーくん。

今晩Dinnerにオキャクサンをご招待する予定を組んでいたけれど、
暑さの為延期。料理できないしねぇ、こんなに暑いと。計画変更で映画を見に行ったら、
暑さなのか停電なのか、映画が途中で止まっちゃって、場内「???」
5分ほど「休憩」時間になりました。

こんなのも初めて。いやはや。
[PR]
by foojily | 2009-01-31 20:04 | いぬ

43℃ ジリジリいっております。

電車はキャンセルされ、信号も壊れ、交通事故がおき、停電が続くお宅も。
つまりは冷蔵庫の食べもの、駄目になっちゃうし、エアコンも動きませんよね。
今日のメルボルン、どうかしちゃってます。
Westgate Bridgeで信じられない事件おきているし。

皆さん、お体に気をつけて・・・。
暑いとイライラしてくるから、交通事故にも気をつけて。

とにかくHang in there! あと1日、そうしたら少しは涼しくなるようだし。

昨日の夕方、仕事が始まる「お祝い」をしにPort Melbourneへ。
f0037404_165852.jpg

光の加減で暑さが伝わるでしょうかい?ああ、見ていると涼しげ・・・
f0037404_16585865.jpg

ピザにも強い夕日の光が・・・
f0037404_1705382.jpg

食事の後、海辺を散歩することに。すっごい数の人でした。
f0037404_1744087.jpg

道路も渋滞。皆夕涼みに海へ来ているんだよね~

リッパな夕陽。暑そうな太陽、海にあたって「ジジジッ」って聞こえそう。
日本の冬にプレゼントしてあげたい、この暑さ。
f0037404_16514633.jpg

[PR]
by foojily | 2009-01-29 17:08 | Melbourne 綺麗なトコロ

カラカラ~ンの音は涼しく、灼熱メルボルン

ついにこの日が・・・50日間のオヤスミ終了。
2009年度の始まりです、はいお仕事行ってきます。
わかっております、文句言わずに働きます・・・。

今週のメルボルンは灼熱ジリジリです。
信じられない天気予報、40℃越えが4日続きますよ。ひぇ~・・・・・

ワタクシ、コーヒー飲めないんですが、昨日は別。
暑いからか「飲みたい」って気持ちが。
体冷やしてくれるしね、コーヒーは陰性だから(だから飲みたくなったのかな?)。
クリームとアイスクリームたっぷりヘビーオーストラリア版ではなく、
日本系のアイスコーヒーが飲みたくって。あるカフェで発見!
f0037404_5283097.jpg

やっぱりいつも飲まないヒトには、お酒のように「ガ~ン」ときます。
氷を溶かそうと、グラスを揺らすと、ああいい音。

その後、「えへへ~」っと、ちょっとハイになりました。
[PR]
by foojily | 2009-01-29 05:35 | Melbourne おいしいモノ

(ビール+ピザ)÷2 @ クラウンカジノ

月曜日 ビールとピザが半額です。お得です。
f0037404_12465040.jpg
薄めのピザ好きサンにお勧め。
Automatic Cafe
At Crown
*Food Courtの近く。Food Courtむかって歩いて、右側。
(03)9690 8500

混むから予約するか、時間に余裕を持って行く方がいいね。
「火の爆発」にあわせいくと、メルボルン観光にもなるし。
ビール好きのドイツ語の先生が紹介してくれた。
チチハハと一緒に「火の爆発」を見るためにも行きましたねぇ~
f0037404_1372236.jpg

ああ、ピザが食べたくなってきたよぉ~
[PR]
by foojily | 2009-01-27 13:10 | Melbourne おすすめ

Australia Day

f0037404_11491157.jpg

1月26日は「Australia Day」イギリス人がオーストラリアに上陸した「記念日」。
*アボリジニーの人達にとっては「Invasion Day」になる等々Politicalなこともあるね。

Australia Dayを前に、今日土曜日の新聞記事には、面白い記事が多かったのよ。

中でもThe Age:Good Weekend
メルボルン在住のカタガタ読んだ人も多いだろうねぇ。

"10 things I love about you" by Amanda Hooton

海外に長期間住んだライターさんが(内容からヨーロッパの国々とアメリカかな)、
海外にいるときに「オーストラリア」のいいところ、「これがオーストラリアだぜ~ぇ」って
自慢に思うこと(自分から捨ててしまえないもの)10ポイント上げていて、
私も、「うん、そこそこ分るよ~」って同感することもあったし、同時に自分は10ポイントに何をあげるかな~って。

オーストラリアに住んでいても、どこに住んでいるか、バックグランドで人それぞれだろうけどね。このライターさんのバージョン。

1. バーベキュー

2. ステーキの質がいい
このライターさん、和牛も試したけれど、Colesで買うお肉の方が良いそうで。好みよねぇ~これも。

3. Wallabies (Australian National Rugby Union Team )
イギリス人チームに勝つと誇らしいらしい。

4. 水着
水泳の為だけじゃなくって、洋服の下に来て、水泳して、それからそのままジーンズはいてCafeに行ったりしても心地いい水着を作るのは、オーストラリアだけだとのこと。今日Chapel Street歩いていたら、ビーチで見るような格好をした若いカップルが歩いてた。Chapel Street とToorak Streetのあの交差点のとこ。場所違いだけれど、「まあ、これもありよね」って、思っている私発見。相方さん、何も言わなかったし・・・

5. マグパイ(鳥ね)の鳴き声
これ、私も好きよ。

6. 日焼けした足

7. 日焼け

8. タクシーで助手席に座ること
これ、私はしない。助手席に座ることで「平等」なんだって思うんだよね。知らない人とは距離をおきたいよ、ワタクシは。

9. Clive James, Robert Hughes and Cate Blanchett (有名人)
最初の2人、私知らない。詩人と批評家だそう。最後は女優さんね。世界で「性格がよくって、スポーツ好きで、明るい“馬鹿”」・・・(私の意見じゃないよ、このライターさん自身が書いてたんだよ~っ)て思われているけれど、この人たちの才能でオーストラリア人の株が上がるとな。

10. 同じ景色がどこまでも続く、何にもない道路

肉あんましワシワシ食べないし、スポーツ見ないし、ビーチにもそんなに頻繁にいって泳がないし、水着で町を歩き回るなんて、恥ずかしくて出来ない・・・ワタシの生活の反映で1,2,3,4,6,7,8,9は「このライターさんの気持ち」は察するけど、あまり特に「これが、オーストラリアなんだゼッ」って思わないかなあ。結局その人の生活次第なんだけどね。

5、10は「うん」って納得。

"10 things I love about you" by ワタシ

1. 色々な国のバックグラウンドの人が(自分も含めて)、ふつ~に生活していること。
2. 「楽しんでいる」ことに罪悪感がないこと(仕事と生活のバランス)。
3. 「人それぞれ」が尊重されていること。
4. 特にメルボルンの特徴だろうけれど、色々な国の食べ物が試せること。
5. 綺麗な自然(あおい海、黄金色の丘、ユーカリの木、Fernも)。
6. 色々な野生のドウブツが、ふつ~に毎日の生活にいること。
7. 安くておいしいワインが簡単に手に入ること。

すぐ頭に浮かんだのは、7ポイントだけだ~。
最初の3ポイントに「座布団2枚」ということで、2点づつ加算しまして、10ポイント。
また浮かんだらUpdateするけれど、これが今のところワタシの
"10 things I love about you"かな。

そんなこと考えつつ、ラミントンを食す。
[PR]
by foojily | 2009-01-24 22:13 | Melbourne 発見

睨まれて・・・

もう3週間も前になるのね、年明け。お仕事再開まで残り1週間よ。
50日のオヤスミってあっという間よねぇ~(glass half-empty)

2006~07年、バタバタとワタクシ達が日本-メルボルン間の移動で忙しかった時に、
犬共々とってもお世話になった方が、旅行からメルボルンに戻って
年明け久しぶりにおうちに遊びにきてくれたので
(読んでくれているかしらん?とっても「感謝」の気持ちでいっぱいなのよ~っ!)
なにかおいしくて、ワインとあって、おやすみだから新しいものつくってみたい。
年末年始、マーケットも閉まっちゃうし、作り置きできておいしいものがいいなあ~と。

Spanishソーセージの沢山入ったテリーヌをメインに決定。

ベーコンひきつめて、ソーセージミンスにChorizo混ぜて味付けして、
「ニクニクニクニク」と重くならないようにハーブたっくさん入れて、ゆで卵ひきつめて
f0037404_7261640.jpg

またミンスを重ねて
f0037404_7292826.jpg

ベーコンで蓋をして
f0037404_7301519.jpg

オーブンで湯せんにかけつつ調理して、一晩重しをして、いざ取りだしの瞬間!
f0037404_7321031.jpg

おお~お肉からでたジュースと油が固まってゼラチンのようになっています。
さ~てナイフを入れまして・・・・

「睨まれております」
f0037404_7333833.jpg

とっても目つき悪し・・・。綺麗に盛り付けても睨んでいるよ~
f0037404_7343554.jpg


テリーヌ、私は7枚に切っておりまして、「どれっくらいの厚さに切るのかねぇ~」なんて
話しつつ、レシピを確認すると、「14人分」って書いてあるのよ。
つまりは14枚に切るってことだよね~あれま~

(次への教訓)
*14枚に切る事
*卵はまん丸で入れるか、半分なら入れるむきに注意。
[PR]
by foojily | 2009-01-22 07:41 | Melbourne おいしいモノ

Slice of Adelaide -おまけ-

Adelaideの街の中心で、ぶたさん発見。
f0037404_105338100.jpg

f0037404_10535047.jpg

[PR]
by foojily | 2009-01-21 10:53 | 旅行

Slice of Adelaide -3-

3泊4日天気にも恵まれ、
f0037404_6265336.jpg

3日目はバロッサバリーへ出発。
途中道に迷い30分ほど無駄なドライブしちゃって焦る焦る・・・

Grangeで有名なPenfoldsがこの日最初の目的ワイナリー。
ここで試したFortified Wines "Bluestone Tawny 10 Year Old"が
このアデレード旅行で試した中で1番おもしろかったかなあ~。

説明してくれるおねえさんがグラスにワインを注ぎつつ、
「クリスマスプディングのような、メープルシロップのかかった、パンケーキのような・・・」
ってことで、「クリスマスプディングのドライフルーツやメープルシロップの甘みか~」
って、試してみると・・・

「あれ~~っ本当にパンケーキだよ~!!!」

ワインでバタースコッチの味した時も驚いたけれど、パンケーキもすごい!
ブドウからこんな味がうまれちゃうのね~
ちなみに近所のダンマーフィーでは売ってませんでした。是非足を運んでお試しを!
相方さんの友だちの就職祝いがきっとすぐあるだろうとのことで、お祝いに皆で飲むように購入・・・だからまだあけられないのよね・・・待ちきれない。

お次はSaltramでTastingとランチ。
SaltramとPepperjackが同じところから出されているなんて知らなかった。
Yellowglen PerleもTastingに入っていたり、PenfoldsでSaltramのディスカウント券
くれたし、結局裏で全てつながっているのかなあ~

平日だからお客さんも少ないし、外の天気もいいし、気分いいね~
f0037404_6384574.jpg

Tastingして選んだワインを飲みつつ、食事をまっていると、
f0037404_6393012.jpg

「え、Ellen?」
以前働いていた職場の同僚、2004年に彼女イギリスに行って、その後お互いに連絡が途絶えていたの。こんな所で再会!いや~驚いた・・・。
「メルボルンで会おうね」と連絡先を交換。世間は狭い!

ここでもプラター
f0037404_6424896.jpg

あとカンガルーのPruscetta(これ珍しいだけで特においしくもまずくもなかったよ)
f0037404_6443172.jpg

もう、ここでお腹一杯。腹八分目が大切ね。でも続く・・・

相方さん、Char Grilled Sirloin Steak
f0037404_646148.jpg

ちょっと味見。
Beetroot Mashと栗の甘さのがついたマッシュルーム、おいしかった~

ワタシSouth Australian Snapper Fillet
f0037404_65046.jpg

オリーブ、Preserved Lemon、BabyCaper Berryとお魚を一緒に食べると
さっぱりしてお腹一杯だけれど食べられちゃった、・・・こわっ。

お腹一杯になると、もう駄目ね、眠くなる。
もう一軒Wineryこのあと行ったけれど、もう全てアルコールの味しか分らなくなるし
眠いし、今日はここで中断。休憩しつつ(また道に迷い)Adelaideへ戻りまして
レンタカー返して(Rush Hourにぶつかって、これまた焦る焦る。)
それからCentral Market探検へいきました。

「なんでアデレードなんていくの~?何もないよ~」なんて何人かに言われたけれど
3泊4日じゃ足りないくらい面白い所だったよ。

「今度行く時は、メルボルンから車で海岸線ドライブしながら行きたいねえ~」って
相方さんと話してます。

(終わり)
[PR]
by foojily | 2009-01-21 07:03 | 旅行

Slice of Adelaide -2-

2日目はレンタカーで移動。盛りだくさんの予定計画。

Adelaideはドイツ人の移民がワイナリーを始めた所で有名ね。
Hahndorfはちっちゃなドイツ(テーマ)の町。
Adelaideの街から車であっという間についちゃった。
おちゃしてちょっとお散歩するくらいの町だけれどね。
看板かわいいねえ~
f0037404_6433165.jpg

それからイチゴ狩り。
f0037404_793266.jpg
思うけれどオーストラリアって「信頼」システムだよねえ。
そのまま歩いていったら、入園料払わずイチゴ畑に入っていけちゃう。
イチゴ摘んで、そのまま出てもいけちゃう。誰も立ってたりしないのよ、畑の入口に。

しっかりカウンターに行って3ドル払ってね(子どもは無料)。
イチゴ摘んだら代金払ってお持ち帰りね。1キロ9ドルだった。
f0037404_654933.jpg

その後McLaren Valeへ。ワイナリー沢山ありすぎてまわりきれません。
有名どころが沢山あるから、ワクワクする。厳選してワイナリーまわらないと、
もったいなく酔いがまわっちゃうしね。

-学んだ事-
後の「リサーチ」の結果、ダンマーフィーの方が値段安い!
ワイナリーでしか買えないか確認して購入するべき。
購入後ワイナリーで郵送手続きした方が、郵便局より金額も安いし何より楽よ!
暑い時期車の中にワイン残しておくのも心配だしね。お酢になっちゃうよ~
私達はまず半ダースワイナリーで郵送手配して、その後結局お土産も含めて10本購入。
「もって帰れるだろう」って軽く考えていたけれど、あれよあれよと荷物が増え、
Jet Starの10Kg持ち込み荷物のみでメルボルン帰りなので急遽2本だけ郵便局から
送ることに。しかも土曜日の12時、郵便局が閉まる30分前に決めてバタバタしまして…。
半ダースの郵送料10ドル弱。郵便局から2本送ったの、ケースも含めて16ドルほど。
ワイナリーから送ると保険も付いてくるしね。ご参考に。

旅行中は「おすすめはどこですか?」って聞くのが重要。
もう2時くらいになっていたので、軽くPlatter食べられるワイナリーのお勧めを聞いたら、
4人が「Leconfield」とのこと。ワインテイスティングしつつ、注いでくれる人に聞くのもいいね。地元の人だろうし、Cross Promotion抵抗なくしてくれるし。私たちも満足でした。
f0037404_71367.jpg

それからお決まりVictor Harborいって、馬がひくトラム見て・・・もう帰らなきゃねぇ。

帰りちょっと遠回りして海辺のBoardwalkのお散歩。
f0037404_7173227.jpg

うぅ歩いた~。 

(続く)
[PR]
by foojily | 2009-01-20 07:17 | 旅行

Slice of Adelaide -1-

3泊4日のアデレード。天気にもとっても恵まれて楽しかった!
コヂンマリとした街の雰囲気、のんびりしているねえ~。
リズムがゆっくりで、お店の人たちも「Hi, how are you?」だけじゃなくって
必ず「会話」が始まるのね。Myerガラガラで、買い物しやすいし!

30分車で行くと、もうクラクラするくらいの黄金色の草地が広がっていて、
これくらいの街の大きさ、とっても好き。

さすがビールとワインが有名なところだけあって、いい感じのPubがところどころに。
まずは、Brunswick Street とLygon Streetを足して割ったようなRundle Streetの
東側を探検しつつ、アデレード到着のお祝い。
f0037404_6575144.jpg

あっつい日で、私達の後ろではアルコールの影響か声が大きくなっているオネエさんが
友だちに熱心と「人生相談」をしていてまして、大げさに展開する話をTipsyになりつつ
「ぼけ~っ」と聞くのもココチヨシ。
[PR]
by foojily | 2009-01-19 07:05 | 旅行