<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

誇りに思うこと

2008年2月13日は、オーストラリア政府が、先住民に対しての過去の行いを
正式に謝る日でした。「よりよい生活を与える為」というスローガンのもと、
アボリジニーの子ども達は親から無理やり離され、自分達の文化を奪われ「StolenGeneration」を生む事になる政策は、1970年まで続いてたとのこと。

朝9時からの首相の国会スピーチ、学校で特別な朝礼があるかと思っていたら、
中学校高校キャンパスでは、昼休みに録音したスピーチ放映を講堂でながすくらいの
扱いで、ちょっと残念。歴史的な1日なのに・・・。
小学校キャンパスでは、3時間目を使って特別の集会がありました。

私は1時間目、ちょうど授業がないので、首相のスピーチを生中継で聞きました。
過去の過ちに国の代表が正式な謝罪する歴史的な瞬間、ケビン・ラッド首相のとっても
真摯な気持ちが伝わるスピーチで、スピーチの間、涙を拭くアボリジニーの
お年寄りたちの様子、スピーチ後、全員が立ち上がり会場一杯に広がる拍手の嵐、
とっても心打つオーストラリアの歴史に残る日でした。
(Oppositionのスピーチは、おいといて・・・)

感動で、ちょっとヨレヨレしながら2時間目の中学校2年生の授業に向かい、
「オーストラリア人ではないけれど、オーストラリアに住んでいることをとても誇りに思う」
スピーチだったと生徒達に報告。

中2の生徒達は、「まだあんまり心に響くものがないのかなぁ」という感じだったけれど
年齢が上になり、高校3年生の授業中にスピーチを流していた同僚の先生によると、
生徒は「し~ん」として聞いていたらしい。確かに、私も高校時代、ベルリンの壁が崩れ
感動して話をしてくれている先生に対して、クラスの反応は薄かったような思い出が・・・

「自分の国を誇りに思える」って、なぁんてPowerfulなんだろう。
自国の政治や歴史への感心も高まると思う。

そして、私の母国ではないけれど、約10年住でいるこの国を、また違う気持ちで見られる
1日になったこの日のことは、きっとこれからもずっと覚えているだろうなぁ~
[PR]
by foojily | 2008-02-13 17:49

名古屋のお土産「わらびういろ」

うひひ~わらびもち、大好きですワタクシ。
そして、友人からお土産に頂いた「わらびういろ」!
名古屋、新境地開拓頑張ってますねぇ~
f0037404_12261913.jpg

「そんなに好きじゃな~い」という、食べる前からの相方さんの言葉に小躍りして、
「ほんとに~。おいしいよ~」なんていいつつも、シメシメ独り占め~

「わらび餅」と「ういろ」の食感持つ、新しいお菓子、今までにない新食感

なんて、ちょっと心揺さぶられる説明書きよね。
こ~いう独特食感を楽しむ食べものって、オーストラリアにないような気がする。
コンニャク、ホルモン、えのきのシャキシャキ、とり軟骨、恋しくなるから、
必ず帰国時はリストに記入アイテム。

箱の中には、綺麗に1つ1つ包装された「わらびういろ」ちゃんたち。
f0037404_12341374.jpg

きな粉と黒蜜かけて食べるのね。

シャオロンパオみたいで、写真を見ていたら、上海水餃子(チャイナタウンにある、
大衆中国料理レストラン)に行きたくなってきた・・・お腹すいた。
[PR]
by foojily | 2008-02-09 12:44 | Melbourne おいしいモノ

ふんご~

真剣に寝ております。
f0037404_19314850.jpg

[PR]
by foojily | 2008-02-05 19:31 | いぬ

「のれん」です。

f0037404_10373392.jpg

ありがとう。ステキです。
[PR]
by foojily | 2008-02-03 10:37 | ご挨拶