カテゴリ:Melbourne 発見( 22 )

Australia Day

f0037404_11491157.jpg

1月26日は「Australia Day」イギリス人がオーストラリアに上陸した「記念日」。
*アボリジニーの人達にとっては「Invasion Day」になる等々Politicalなこともあるね。

Australia Dayを前に、今日土曜日の新聞記事には、面白い記事が多かったのよ。

中でもThe Age:Good Weekend
メルボルン在住のカタガタ読んだ人も多いだろうねぇ。

"10 things I love about you" by Amanda Hooton

海外に長期間住んだライターさんが(内容からヨーロッパの国々とアメリカかな)、
海外にいるときに「オーストラリア」のいいところ、「これがオーストラリアだぜ~ぇ」って
自慢に思うこと(自分から捨ててしまえないもの)10ポイント上げていて、
私も、「うん、そこそこ分るよ~」って同感することもあったし、同時に自分は10ポイントに何をあげるかな~って。

オーストラリアに住んでいても、どこに住んでいるか、バックグランドで人それぞれだろうけどね。このライターさんのバージョン。

1. バーベキュー

2. ステーキの質がいい
このライターさん、和牛も試したけれど、Colesで買うお肉の方が良いそうで。好みよねぇ~これも。

3. Wallabies (Australian National Rugby Union Team )
イギリス人チームに勝つと誇らしいらしい。

4. 水着
水泳の為だけじゃなくって、洋服の下に来て、水泳して、それからそのままジーンズはいてCafeに行ったりしても心地いい水着を作るのは、オーストラリアだけだとのこと。今日Chapel Street歩いていたら、ビーチで見るような格好をした若いカップルが歩いてた。Chapel Street とToorak Streetのあの交差点のとこ。場所違いだけれど、「まあ、これもありよね」って、思っている私発見。相方さん、何も言わなかったし・・・

5. マグパイ(鳥ね)の鳴き声
これ、私も好きよ。

6. 日焼けした足

7. 日焼け

8. タクシーで助手席に座ること
これ、私はしない。助手席に座ることで「平等」なんだって思うんだよね。知らない人とは距離をおきたいよ、ワタクシは。

9. Clive James, Robert Hughes and Cate Blanchett (有名人)
最初の2人、私知らない。詩人と批評家だそう。最後は女優さんね。世界で「性格がよくって、スポーツ好きで、明るい“馬鹿”」・・・(私の意見じゃないよ、このライターさん自身が書いてたんだよ~っ)て思われているけれど、この人たちの才能でオーストラリア人の株が上がるとな。

10. 同じ景色がどこまでも続く、何にもない道路

肉あんましワシワシ食べないし、スポーツ見ないし、ビーチにもそんなに頻繁にいって泳がないし、水着で町を歩き回るなんて、恥ずかしくて出来ない・・・ワタシの生活の反映で1,2,3,4,6,7,8,9は「このライターさんの気持ち」は察するけど、あまり特に「これが、オーストラリアなんだゼッ」って思わないかなあ。結局その人の生活次第なんだけどね。

5、10は「うん」って納得。

"10 things I love about you" by ワタシ

1. 色々な国のバックグラウンドの人が(自分も含めて)、ふつ~に生活していること。
2. 「楽しんでいる」ことに罪悪感がないこと(仕事と生活のバランス)。
3. 「人それぞれ」が尊重されていること。
4. 特にメルボルンの特徴だろうけれど、色々な国の食べ物が試せること。
5. 綺麗な自然(あおい海、黄金色の丘、ユーカリの木、Fernも)。
6. 色々な野生のドウブツが、ふつ~に毎日の生活にいること。
7. 安くておいしいワインが簡単に手に入ること。

すぐ頭に浮かんだのは、7ポイントだけだ~。
最初の3ポイントに「座布団2枚」ということで、2点づつ加算しまして、10ポイント。
また浮かんだらUpdateするけれど、これが今のところワタシの
"10 things I love about you"かな。

そんなこと考えつつ、ラミントンを食す。
[PR]
by foojily | 2009-01-24 22:13 | Melbourne 発見

ワタシのミシン

ポケ~ッとInputする時間があると、「何か作りたい」というOutputする意欲も
出てくる訳で、今まで使っていた暖簾が冬用というか、重く感じてきたので
新しく作成決定!

以前ハハからもらって大切にとっておいた浴衣の反物。
ゴソゴソと取り出し、ワタシの“愛用”ミシンも(の割には埃まみれ)よっこらしょっと
出してきて内職です。

このミシン、トレーディング・ポストという「売ります買います新聞」で6年前に購入。
f0037404_5293881.jpg

古いんだけれど、しっかりと動くし、古いレトロな感じが可愛らしい。
ワタシまっすぐ縫う以外はややこしいからしないし、これで十分。

おうちで服飾関係のお仕事をしていたおじいさんが退職するから売りにだしていて、
買った当時は問題があると、電話して助けてもらったりした思い出も。

ミシンに糸をかける時にいつも思うのは、「日本の教育ってすごいよな~」って。
f0037404_532513.jpg

ミシンの使い方も学校で習うし。広く浅くかしら?
以前メルボルンで育った大人の人が、「ワタシもミシンの使い方習いたいわ~」って
話しになって、学校で普通に習うものじゃないんだよねぇ。「家庭科」ってないもねぇ。
料理する「Food Technology」はあるけれど。

2種類作って、おうちの模様替え。家が明るくなりました。
f0037404_5373395.jpg
f0037404_5374745.jpg

[PR]
by foojily | 2009-01-06 05:40 | Melbourne 発見

Winery Tour 2 「これは祖国、日本からなのですよっ!」

目的地2箇所目は、Kangaroo Groundの郵便局/ワイナリー。
田舎の方へ行くと、距離が離れすぎていて、それぞれのお家へ郵便を配達しないから、
郵便局は必然的に手紙や新聞を受け取りに人が集まるところ。

こうやって、私書箱あってね。
f0037404_8341082.jpg

Kingさん、看板出てるけどあいてなくって、私たち怪しげにドアを覗いていたら
f0037404_8352343.jpg

「今からあけるよ~ワインテイスティングしたい?」って隣のお家から出てきてくれました。
郵便局の反対側が教会だから、日曜日のサービスが終るまで、尊重してワイナリーの
ドアは開けないそう。

バスで「だば~っ」て、お客さんがやってくる他のワイナリーに比較したら、
郵便局の隣にワイン工場があって、こじんまりと経営されているんだけど、
作り手の熱意はバシバシと伝わってくるねえ、キングさん。沢山面白いお話をありがとう。
f0037404_8395831.jpg

ワインボトルもこうやって無造作に置いてあって、時々「ぱたっ」って開いて閉まる私書箱の音を聞きながらのテイスティング。

ここは、Rieslingが美味しかった。
あと、初めて味わうバタースコッチの香りのCharddoneyも、驚いたねえ。

「Sweet」って表現を使うと、「うんにゃ、Fruityなんだっ」って。はい、分りました。
勉強させていただきました。Kingさんのところのラベルは、今は7歳の息子さんが3歳の時に書いたそうで、「ラベルもってきなっ」ってくれた。

突然叫ぶ友人・・・何かと思ったら、こんなものを発見!
「白い恋人」。しかも年季がはいっているねえ~
f0037404_8495184.jpg

見つけた友人もすっごいけれど、「フランスの箱だと思ってたよ~」っていうKingさんの
「おち」も好き。新聞を購入時、お客さんが支払うコイン入れに使っているのだそう。
f0037404_8511827.jpg


「僕は昔IT関連のエンジニアでね~。ITエンジニア時代日本行ったよ~。でも、日本食は
食べられなかったよ」ってKingさん。

もうテイスティングだけでじゅうぶんTipsyなワタクシ「Kingさんのワイン2本位飲んだら、もう刺身だろうが何でも平気だよ~」と。・・・受けてた。

こうやって、作り手の人の熱意を見せてもらったり、のんびりワインのお話が出来るのが、こじんまりとしたKingさんのトコロのよさだねえ。

なんたって、世界どこでも、箱に詰めてすぐワイン送れますよねぇ。郵便局だから。

(続く)・・・ああ、今日でおやすみ終わりよ。
[PR]
by foojily | 2007-07-15 09:05 | Melbourne 発見

海辺のしましま

朝ごはんのあと、のんびりと海辺をおさんぽ。
f0037404_16303237.jpg

しましまたくさん発見。

ここにも、
f0037404_16283764.jpg

そこにも、
f0037404_16291583.jpg

あそこにも。
f0037404_16293650.jpg

自然の力はすごいねぇ~。

歩いていると、だれかが一生懸命に作っただろう、砂の山に遭遇。
鳥の羽、これだけ集めるの、たいへんだったろうねえ~
f0037404_16314529.jpg

砂山の溝には、丁寧に海草が飾られていました。
[PR]
by foojily | 2007-06-16 16:34 | Melbourne 発見

空にっ!

ワタクシの朝は、出勤前に、オイヌサマのお散歩が日課です。

昨日の朝、「ああ、週末のんびりできなかったな~・・・もう、月曜日だわさ」と
Monday Blueでお散歩していたら、空にっ!
f0037404_15482519.jpg

しかも、たくさん。「なんかいいことありそう!」なんて、単純かしら?
f0037404_1548293.jpg

結構近くまで寄ってきて、「ぐうぉ~ぐうぉ~」とガスの音が聞こえるくらい。

オイヌサマたちは、音に反応して怖がっておりまして、
ひっぱるひっぱる。

もし、Rockyくん、腰抜けてますよ。
f0037404_15501472.jpg

[PR]
by foojily | 2007-02-27 15:52 | Melbourne 発見

メルボルンで車に乗るときは

ああ、天気が良くっていい気分。

春だわね~・・・浮かれてしまう。ホリデーも近いし、「人生ってスバラシイワ!」って・・・
ちょっと脳みそが柔らかくなっているような。これこそ、春ですね~。

そんな状態で車を運転する時は、要注意。
どんなに自分が気を付けていても、相手は飛び込んできますからね。

あと、時々いい気分で車を飛ばしていると、

「あれ、変だなあ~なんで皆こんなにゆっくり?」

と、思うときが・・・そんな時は

(1)スピードカメラや警察がいるとき
   メルボルンはスピード規制がとっても厳しいですよ。

(2)学校の近くで、こんな看板があるところ。
f0037404_218487.jpg

指定された時間は、子どもたちが道路を横切る時間なので、すぐ止まれるようにと
スピード規制。今でも時々、すっごいスピードで走っていく車を見ますけれど。

トラムから降りる時も気をつけないと、(私もやったことありますが・・・告白)止まらず
突っ込んでくる車があるので、下車する時は必ず見てから降りた方が。

ぼ~っとしていると、なにがあるかワカリャ~しない。タタカイだわ、タタカイ。

Ayaさんの登場が少ないので、お写真を。
f0037404_21143015.jpg

不機嫌な顔です。涙目だし。
[PR]
by foojily | 2006-08-30 21:16 | Melbourne 発見

メルボルンの散歩道

私のお気に入りの散歩道。
紅葉の葉も鮮やかだった通りも、今はこんな感じ。
f0037404_21185636.jpg

見上げば、オーストラリアン・カラーの国花 「ワトル」。
f0037404_21194757.jpg

青空に映えて綺麗・・・うう、でも見ているだけで鼻炎になりそ。

明日の予報は22度。お~ウレシ。
[PR]
by foojily | 2006-08-29 21:22 | Melbourne 発見

おーらい、おーらい。

f0037404_10264549.jpg

駐車場、無断駐車を防ぐためのポール。
メルボルンで、こんなの発見。

日本で車を誘導する時の、「おーらい、おーらい」が英語だと気が付いた時は、
ちいさな感動。

「ワンマンばす」も。
・・・大学生くらいまで、気が付かなかったんじゃないかなあ~

ブリスベン留学から戻り、大学の本屋さんで英語の教科書「Sunshine」を見て、
「なに、このサンシネって」って本気で言った私(覚えているかしらん?)。

思い込みで生きております。
まあ、それも「おーらい、おーらい」ってことで。
・・・まとめてみました(ちょっと恥ずかしいのは何故かシラン)
[PR]
by foojily | 2006-08-09 10:34 | Melbourne 発見

メルボルンでコンバンワ、ポッサムさん。

今日のメルボルン、本当に寒いです。
昨日の晩から風が強くて気温が下がってます。

おお~寒い。

ある晩、裏庭にトイレにいったAyaさんを見守っていると、「ガサガサッ」と音が。
見上げてみると、発見! 

ポッサムさん。見えますか?
f0037404_1223580.jpg

ウサギと猫とリスを足して3で割ったような風貌。
街の中でも公園に夜行くとみられる、野生の動物です。
見た目は可愛いんですが、畑や植物を荒らすとのことで嫌われ者だったりもします。
f0037404_12243593.jpg

目が光って怖い写真ですが・・・ビームでヤッツケられてしまいそう。
f0037404_1227325.jpg

猫さんもそうだし、このポッサムさんもそうだけれど、ある程度の距離をとってから、
しっかりこちらを振り向いて、様子を見ながら逃げていく様子は、滑稽だわ。
逃げられた悔しさで、「ケッ、弱虫め」と思っている自分も滑稽。

Ayaさん、寒いので、トイレはちゃっちゃと早くして、早く戻ってきてください。
f0037404_12323294.jpg

[PR]
by foojily | 2006-07-10 12:34 | Melbourne 発見

メルボルンの秘密

メルボルンを歩いていると、よく見かける小道(Lane)。
f0037404_9453477.jpg

なんだか、秘密の場所っぽくてワクワクする。
街中だと、カフェが並んでいたりして、いい雰囲気。

でも、知っていましたか。この小道の歴史を・・・

まだ排水溝が普及していなかった時に、トイレの中身(!)を運ぶのに
使っていたそうでして・・・確かに、おうちの裏口にあるこの小道。

「ああ、そうだったのね~」

知はチカラなり・・・そして、時に、知らなかった方が良いこともあり。

メルボルンの雑学でした。
f0037404_949414.jpg

[PR]
by foojily | 2006-05-28 09:51 | Melbourne 発見