カテゴリ:旅行( 20 )

Slice of Penang -3-

Spice Gardenも雰囲気良くて楽しかったけれど、この小旅行で一番お気に入りだった場所は、お世話になったタクシーの運転手さんが連れて行ってくれた、Batikの製作所。

「え?ここ・・・?」っていうような、屋根のついた駐車場のようなところに、手作業で作られるBatikが乾かされていました。

オーナーさんが、詳しくBatikの作り方の工程を説明してくれます。質問にもとっても丁寧に答えてくれたし、布好きなので、ワクワクです。

これから、何工程かを踏んでいくと、
f0037404_951531.jpg

こうなる。
f0037404_9533732.jpg

このBatikのパターンは、政府の職員用だそうです。
f0037404_9564881.jpg

だんだん着る人が少なくなってきているBatikを守るために、政府は、政府職員に週2回はBatikを着て出勤させるように定めているそうで、便利さ楽さにどうしても流れていってしまうけれど、そうやって伝統を守っていくのは大切ね。


壁に飾られたパターンの型。
f0037404_9582890.jpg

ヤクルトの入れ物、大活躍ですね~
f0037404_100225.jpg


Craft Batik SDN. BHD.
651, MK. 2, S.W.D. Teluk Bahang, 11050 Penang, Malaysia

[PR]
by foojily | 2011-04-22 10:05 | 旅行

Slice of Penang -2-

2日目は、ジョージタウンを探索。
古い町並みが、いい感じなんですが
f0037404_1747784.jpg

f0037404_17474597.jpg

なにせ常夏の国マレーシア・・・
昼間、暑く照りつける太陽の光の下を歩き回るのはしんどいんです。

なので、結局こうなる。「座ってお茶にしよう!」
f0037404_17502079.jpg

f0037404_17505033.jpg

この日は何杯アイスティーを飲んだことでしょう。

ネコさんも暑いよね~。
f0037404_17532396.jpg

[PR]
by foojily | 2011-04-19 17:54 | 旅行

Slice of Penang -1-

「シンガポールに住む魅力の1つは、ヒョイッと近くの国に旅行できることだね」
・・・なんて言いつつ引っ越したんですが、今までなかなか。

やっと実現、金曜日+週末を利用しての小旅行。シンガポールからペナンまでは、飛行機で1時間とちょっと。

到着した日は、ホテルとその周辺を探索して、のんびり過ごすことに。
ホテルのSpaでFacialしてもらったり
f0037404_17395391.jpg

人生初ハンモックでのんび~りしたり
f0037404_2221773.jpg

(のはずが、強く揺らされすぎて目まいが・・・)
[PR]
by foojily | 2011-04-18 22:04 | 旅行

Slice of Taiwan -3- Tea Pot

ちっちゃっ!
f0037404_611923.jpg

[PR]
by foojily | 2010-01-09 06:01 | 旅行

Slice of Taiwan -2- Food

しっくりくる、オイシイモノが 台湾にはたっくさんありました。

旅行する時って、やっぱり食べものって重要な点で、今回の台湾の旅行中、
相方さんもワタクシも、とっても満足。

おいしいものにありつく為に、「もっと中国語勉強したいっ!」って思ったのよ。ふふふ。
f0037404_971685.jpg

お腹を空かせる為に、てくてくてくと、歩く歩く。歩いて食べる、食べる為に、歩く。
台湾滞在中の、ワタクシのモット-でした。
[PR]
by foojily | 2010-01-08 08:59 | 旅行

Slice of Taiwan -1-

以前から相方さんと「行きたいねえ~」と、話していた台湾へ行ってきました。
11月にバタバタと決めて、あれよあれよ~と出発。
ガイドブックを買っていたのは、2003年だった・・・。

台北 in、だけどすぐに台南へ移動して、まずはここで5日間。
2010年の年明けは、台南で。
f0037404_7113655.jpg

そしてその後、再度じっくりと台北へ戻って観光、の流れ。
f0037404_7155891.jpg

台湾滞在中は、ワシワシ歩いて、オイシイものガシガシ食べて、満足満足。

大学時代勉強していたと言うのも恥ずかしいワタクシの中国語は役立たず、
しかしミナサマは、私の顔をしっかり見て、お話してきてくれます。

すると、相方さんが、「彼女は日本人ですから、中国語は話せません」と、
中国語で相手に返してくれます。

期待を裏切ってすみません。同じような顔なんですが、勉強不足でして・・・。
[PR]
by foojily | 2010-01-07 07:16 | 旅行

Slice of Adelaide -おまけ-

Adelaideの街の中心で、ぶたさん発見。
f0037404_105338100.jpg

f0037404_10535047.jpg

[PR]
by foojily | 2009-01-21 10:53 | 旅行

Slice of Adelaide -3-

3泊4日天気にも恵まれ、
f0037404_6265336.jpg

3日目はバロッサバリーへ出発。
途中道に迷い30分ほど無駄なドライブしちゃって焦る焦る・・・

Grangeで有名なPenfoldsがこの日最初の目的ワイナリー。
ここで試したFortified Wines "Bluestone Tawny 10 Year Old"が
このアデレード旅行で試した中で1番おもしろかったかなあ~。

説明してくれるおねえさんがグラスにワインを注ぎつつ、
「クリスマスプディングのような、メープルシロップのかかった、パンケーキのような・・・」
ってことで、「クリスマスプディングのドライフルーツやメープルシロップの甘みか~」
って、試してみると・・・

「あれ~~っ本当にパンケーキだよ~!!!」

ワインでバタースコッチの味した時も驚いたけれど、パンケーキもすごい!
ブドウからこんな味がうまれちゃうのね~
ちなみに近所のダンマーフィーでは売ってませんでした。是非足を運んでお試しを!
相方さんの友だちの就職祝いがきっとすぐあるだろうとのことで、お祝いに皆で飲むように購入・・・だからまだあけられないのよね・・・待ちきれない。

お次はSaltramでTastingとランチ。
SaltramとPepperjackが同じところから出されているなんて知らなかった。
Yellowglen PerleもTastingに入っていたり、PenfoldsでSaltramのディスカウント券
くれたし、結局裏で全てつながっているのかなあ~

平日だからお客さんも少ないし、外の天気もいいし、気分いいね~
f0037404_6384574.jpg

Tastingして選んだワインを飲みつつ、食事をまっていると、
f0037404_6393012.jpg

「え、Ellen?」
以前働いていた職場の同僚、2004年に彼女イギリスに行って、その後お互いに連絡が途絶えていたの。こんな所で再会!いや~驚いた・・・。
「メルボルンで会おうね」と連絡先を交換。世間は狭い!

ここでもプラター
f0037404_6424896.jpg

あとカンガルーのPruscetta(これ珍しいだけで特においしくもまずくもなかったよ)
f0037404_6443172.jpg

もう、ここでお腹一杯。腹八分目が大切ね。でも続く・・・

相方さん、Char Grilled Sirloin Steak
f0037404_646148.jpg

ちょっと味見。
Beetroot Mashと栗の甘さのがついたマッシュルーム、おいしかった~

ワタシSouth Australian Snapper Fillet
f0037404_65046.jpg

オリーブ、Preserved Lemon、BabyCaper Berryとお魚を一緒に食べると
さっぱりしてお腹一杯だけれど食べられちゃった、・・・こわっ。

お腹一杯になると、もう駄目ね、眠くなる。
もう一軒Wineryこのあと行ったけれど、もう全てアルコールの味しか分らなくなるし
眠いし、今日はここで中断。休憩しつつ(また道に迷い)Adelaideへ戻りまして
レンタカー返して(Rush Hourにぶつかって、これまた焦る焦る。)
それからCentral Market探検へいきました。

「なんでアデレードなんていくの~?何もないよ~」なんて何人かに言われたけれど
3泊4日じゃ足りないくらい面白い所だったよ。

「今度行く時は、メルボルンから車で海岸線ドライブしながら行きたいねえ~」って
相方さんと話してます。

(終わり)
[PR]
by foojily | 2009-01-21 07:03 | 旅行

Slice of Adelaide -2-

2日目はレンタカーで移動。盛りだくさんの予定計画。

Adelaideはドイツ人の移民がワイナリーを始めた所で有名ね。
Hahndorfはちっちゃなドイツ(テーマ)の町。
Adelaideの街から車であっという間についちゃった。
おちゃしてちょっとお散歩するくらいの町だけれどね。
看板かわいいねえ~
f0037404_6433165.jpg

それからイチゴ狩り。
f0037404_793266.jpg
思うけれどオーストラリアって「信頼」システムだよねえ。
そのまま歩いていったら、入園料払わずイチゴ畑に入っていけちゃう。
イチゴ摘んで、そのまま出てもいけちゃう。誰も立ってたりしないのよ、畑の入口に。

しっかりカウンターに行って3ドル払ってね(子どもは無料)。
イチゴ摘んだら代金払ってお持ち帰りね。1キロ9ドルだった。
f0037404_654933.jpg

その後McLaren Valeへ。ワイナリー沢山ありすぎてまわりきれません。
有名どころが沢山あるから、ワクワクする。厳選してワイナリーまわらないと、
もったいなく酔いがまわっちゃうしね。

-学んだ事-
後の「リサーチ」の結果、ダンマーフィーの方が値段安い!
ワイナリーでしか買えないか確認して購入するべき。
購入後ワイナリーで郵送手続きした方が、郵便局より金額も安いし何より楽よ!
暑い時期車の中にワイン残しておくのも心配だしね。お酢になっちゃうよ~
私達はまず半ダースワイナリーで郵送手配して、その後結局お土産も含めて10本購入。
「もって帰れるだろう」って軽く考えていたけれど、あれよあれよと荷物が増え、
Jet Starの10Kg持ち込み荷物のみでメルボルン帰りなので急遽2本だけ郵便局から
送ることに。しかも土曜日の12時、郵便局が閉まる30分前に決めてバタバタしまして…。
半ダースの郵送料10ドル弱。郵便局から2本送ったの、ケースも含めて16ドルほど。
ワイナリーから送ると保険も付いてくるしね。ご参考に。

旅行中は「おすすめはどこですか?」って聞くのが重要。
もう2時くらいになっていたので、軽くPlatter食べられるワイナリーのお勧めを聞いたら、
4人が「Leconfield」とのこと。ワインテイスティングしつつ、注いでくれる人に聞くのもいいね。地元の人だろうし、Cross Promotion抵抗なくしてくれるし。私たちも満足でした。
f0037404_71367.jpg

それからお決まりVictor Harborいって、馬がひくトラム見て・・・もう帰らなきゃねぇ。

帰りちょっと遠回りして海辺のBoardwalkのお散歩。
f0037404_7173227.jpg

うぅ歩いた~。 

(続く)
[PR]
by foojily | 2009-01-20 07:17 | 旅行

Slice of Adelaide -1-

3泊4日のアデレード。天気にもとっても恵まれて楽しかった!
コヂンマリとした街の雰囲気、のんびりしているねえ~。
リズムがゆっくりで、お店の人たちも「Hi, how are you?」だけじゃなくって
必ず「会話」が始まるのね。Myerガラガラで、買い物しやすいし!

30分車で行くと、もうクラクラするくらいの黄金色の草地が広がっていて、
これくらいの街の大きさ、とっても好き。

さすがビールとワインが有名なところだけあって、いい感じのPubがところどころに。
まずは、Brunswick Street とLygon Streetを足して割ったようなRundle Streetの
東側を探検しつつ、アデレード到着のお祝い。
f0037404_6575144.jpg

あっつい日で、私達の後ろではアルコールの影響か声が大きくなっているオネエさんが
友だちに熱心と「人生相談」をしていてまして、大げさに展開する話をTipsyになりつつ
「ぼけ~っ」と聞くのもココチヨシ。
[PR]
by foojily | 2009-01-19 07:05 | 旅行